<< 【告知】大細密展2015:The Artcomplex Center of Tokyo (東京) | main | 【個展のお知らせ】渡邉秋良個展「REFLECT」 >>
2015.08.03 Monday

大細密展2015:優秀賞頂きました。



7月25日(土)〜2015年8月2日まで
アートコンプレックスセンターにて行われた「大細密展2015」
無事終了致しました。

お越し頂いた方々、遠方からも応援して下さった方々
ありがとうございました。
私の在廊は25日と26日の2日間だけでしたが、
沢山の方々とお話しできて楽しかったです。

さて、記事タイトルでもネタバレしてますが
「大細密展2015」にて優秀賞を頂きました。
めちゃくちゃ嬉しいです。
ほんとうにありがとうございます。

優秀賞は5名選ばれており、
この受賞者5名でのグループ展も予定されています。
授賞式には出席できなかったので
他にどなたが受賞されているのか詳しくは知らないのですが
web上での発表が楽しみです。



この「大細密展」、
私は自分の制作行為に”細密”を意識したことが無かったので
展示趣意に沿えているのか少し不安でした。

しかし実際に展示を見ながら他の作家さんたちと話してみると
”細密”という言葉に対するアプローチが千差万別であり
作品も非常に幅広いジャンルが並んでいて、
自分の作品に対しても客観的な視点で
”細密”という評価を頂けました。
中でも「作品のコンセプトに対する”細密”さ」について
言及して下さった方もいて、
これはもの凄く嬉しかったですね。



前述しましたが
本当に幅広いジャンルの作品が並び
”細密”というキーワードから派生した、というよりも
突き詰めていった結果に”細密”があったという感じの展示でした。

作家さんたちに話を伺うと
「結果的に細密さが増していった」というお話が多く、
そういったことからも「神は細部に宿る」という言葉の意味が
内因性のものなんだなぁと感じました。
(神を宿す為に細部にこだわるのではなく
細部にこだわったからこそ神が宿ったという意味で。)



そんなこんなで個人的にも非常に面白い展示でした。
私の展示スペースでは
これまでの平面作品シリーズを全て入れこんで
雑多な雰囲気で展示する形にして頂きました。
(搬入搬出作業は指示書による委託でお願いしました。
ギャラリースタッフの皆様ありがとうございました。)

私はヴンダーカンマーが好きなので
自分の作品展示も基本的には
そんな雰囲気にするのが好きなんです。
無作為のようで、その背景にある用途や意味がしっかりとある感じ。
それぞれの物に用途や意味がありながら、
主の趣味嗜好が色濃く出ているようなヴンダーカンマーに憧れます。

話が逸れました。

この展示で優秀賞を頂けたのは本当に嬉しいです。
細密に対して様々なアプローチがある中で
ひとつの表現方法として観て頂けたのだなと。

優秀賞展もどんな作家さんのどんな作品が見られるのか
めちゃくちゃ楽しみです。
また東京で展示する機会を頂けたことにも感謝です。

ありがとうございました。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ツイッター
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM